ファクタリングのメリット、デメリット

経営者であればその仕組みくらいは知っておきたいのがファクタリングと呼ばれる資金調達の手段についてです。


事業が小規模な内は様々なことを原因として資金不足に陥りやすいという性質があり、ビジネスが上手く行ってもいかなくても悩まされる問題として事業資金不足が挙げられます。この様なタイミングで上手に銀行などの金融機関から資金調達が出来ればよいのですが、できない場合には何らかの方法でお金を得なくてはなりません。

そのための手段になりうるのがファクタリングという仕組みなのです。これは融資ではありません。売掛金の権利の譲渡による資金の調達のことを意味する言葉であり、入ってくるお金の権利を売るという意味合いで使用されることになります。

現在のビジネスの仕組みでは企業間取引で物やサービスを提供した場合、納品官僚から入金までには一定期間が必要となります。


その期間を待つことが出来ない場合に、最後の手段として利用するのがファクタリングなのです。
この仕組みを利用するメリットは売掛金を入金期日を待つことなくすぐに現金化できるという点にあります。


急な資金需要があるときには非常に助かる仕組みです。



一方でファクタリングでは一定のリスクを背負うことになりますので額面通りの現金を得ることが出来るということは基本的にあり得ません。

今年、最も指示を集めたエキサイトニュース関連情報を解説します。

手数料にあたる分だけ金額が目減りするというデメリットを受入れなければならないのです。

ファクタリング選びであなたの手助けをします。

それでも現金が必要である場合に限り使用することが出来る手段であると言えます。